プラレールを親子で楽しむための、ママ向け収納・しつけ・遊び情報です。

プラレール 収納としつけ(お片づけ)

プラレール収納ツール   

プラレール収納はもちろん、子どもの発達や年齢別に自主的にプラレールをお片づけできる働きかけ、自律行動を促す収納環境作り、収納方法や便利ツールなど「子どもが自分で片付ける」をテーマに発達別に紹介しています。

プラレール最大の"問題"?

 お片付けは次の遊びの準備、自律性を引き出す第一歩!

  

すみません、ちょっと大仰なタイトルつけてみました。
プラレールはちょっとね…というおかあさま方が理由として口を揃えておっしゃるのが「片付けが面倒」、「静電気でほこりがくっついて汚れる(清潔に保つのが大変、掃除が面倒)」という2点です。

確かに、プラレール最大の問題といってもいいと思います。
(お父さん方にはこの気持ち、わからないかもしれません)
でも実はプラレールはしつけに向いているツールではないか?と使っていて思ったことをここに書いています。

このページはプラレール最大の「問題」と戦うママさん方のために作りました。なにかヒントになれば幸いです。 最近になってボリュームが増えたので簡単にわけました。お急ぎの方は下記のインデックスからご覧ください。

プラレールの問題1 お片づけや収納…片付けのしつけ、収納方法と収納家具、ツール
プラレールの問題2 お手入れや掃除…お手入れのしつけ、お手入れ道具やツール

プラレールのサイズを確認したい方はこちらから→プラレールのサイズ

  

まずはプラレールの量と、お子さんの発達(片づけの限界)などを確認しましょう。
上にお兄ちゃんがいるとか、頂きものがある、などの場合は発達に対して量が多いと思いますが、だいたいは下記の表のようになるのではないでしょうか?

プラレールの収納 発達や年齢と量の関係
プラレール初期 年齢のめやす:3歳前くらい
量のめやす:ベーシックセット+レール少々
プラレール初期+ 年齢のめやす:3歳前後
量のめやす:車両5編成程度 ベーシックセット+レール少々
プラレール中期 年齢のめやす:3歳前後
量のめやす:車両10編成前後+レールそこそこ(まだ数えられる)
プラレール後期 年齢のめやす:3歳以降
量のめやす:車両20編成超 レール:山のよう(もはや数えたくもない)
プラレール後期(補足) プラレール後期の補足です。
プラレール本気 まだ息子が到達していません、到達したら書きます。すみません…
  

もし、発達に対してレールやモノの量が多すぎる場合には、遊ぶ際に広げる量を調整してあげるとよいでしょう。
ただし、上にお兄ちゃんがいる、おじいちゃんが見てくれる場合には一緒にお片づけができるので、お片づけにどれだけの人数を割けるか?で遊ぶときに出す規模を調整しましょう。

プラレールの問題1 お片付けの環境を整えて解決

 子供が自分でお片付けできる環境にしてしまう

お子さんにお片付けの習慣を持ってもらうなら、プラレールに限ったことではないと思いますが初期の間に子供さん専用の収納を作ることがカギになります。
つまり「電車は常にここに片づける」これが習慣化できれば、本人によるお片づけはできたも同然です。
最初に書いた「プラレール最大の問題」は収納と掃除だったのですが、収納については子どもが自分で行えば解決します。 逆にいえば子どもだけで「どこに(どのように)しまえばいいのか、わからない」となるとサポートや工夫が必要です。

下記に自分でできる環境づくりと本人が「自分で片付けたぞ!」という達成感やモチベーションを維持するために必要と思われる工夫をあげてみました。
子どもが自分で出して、自分で片付けできるのが一番ですから、その視点での記載になります。
おしゃれなカフェ風?に 500系新幹線 ■ お片づけを定着させる…発達との関係
レールや車両の数、お子さんの発達の度合いや年齢でも変わってきますので、目安にお困りでしたら参考になさってみてください。
3歳前からベーシックセットなどからプラレールを導入した場合、量やレールの数、車両はまだそれほど多くありません。
3歳前では年齢や発達の面でも、親が考えているほど高度なこともできません。
ここで、遊び+お片づけ がセットである、と習慣づけてしまう最適な機会です。
1回の動作で1つ片付く、そういう簡単な方式のお片づけだと長続き&お片づけの自律行動、という面でも時期が良いかと思います。

■ お片づけを定着させるために…物の居場所を決める
お片づけ、収納や整理整頓系の本に良くありますが「ものの居場所を決めてあげる」これはかなり重要です。いくらプラレールが増えようが、居場所さえ決めてあげれば片付くといってもいいくらいです。
プラレールが上陸したばかりのご家庭であれば、上陸したその日に居場所を決めてあげられれば早いうちから定着します。
しまった!うちは手遅れか!?と思われても大丈夫、とにかく早めにプラレールの居場所を固定して決めてしまえば、子供は柔軟で適応力が高いのですぐに対応できます。
あとはそれが習慣化するまで、何度かお片づけを継続するだけです。
といっても、個人差がありますし、まだまだ発達とのバランス、本人のご機嫌、なども関係してきますので気長に考えていいと思います。
お母様方が負担の少ないように、適宜収納できるように誘導してあげてください。 下記にあげる「バスケット方式」は3歳ごろには有効なお片づけ方法です。

 プラレール初期 大きめのバスケットなどに一括

プラレール収納 低月齢用 バスケット収納プラレール収納 低月齢用 バスケット収納


低年齢でプラレールの車両もレールも数が少ない場合は、おしゃれなバスケットなどにぽいぽい入れる方式にすると、お子さんひとりでもすぐ出して、すぐ片付けできます。
一つつかんで、箱に入れる、はいこれで一つお片づけできました。
親御さんも是非、大いに褒めてあげてください。ばかばかしいと思われるかもしれませんが、ひとつ入れるたびに上手だねーきれいになったねーなんていうとどんどん片付けてくれるようになります。(特に男子は褒められるのがうれしいですよね)
我が家はこのぽいぽい方式から始めて、3歳にはどれだけ広げても自分で全部やってくれるようになりました。

私がご飯の支度を始めると何も言わなくても自分で片付けてくれるようになったので、非常に助かっています。
発達的にもまだ2歳半~3歳くらいだと、一つの行動で一つ済むとわかりやすいですし、数の概念からいっても理解しやすいので、バスケットやかご方式はお勧めです。 きっちりした整頓や種類分け収納などは、本人たちの発達が追い付いてからでも問題ありません。個人差はありますが4歳近くなるころには種類別に仕分けして収納できる子もいますので、あと少しの我慢です。

■ ふた付きの箱は指を挟まないように気をつけてください
プラレール収納 低月齢用 バスケット収納 バスケットで蓋がついているものは中が見えなくてすっきりしますし、たいてい素材が軽くて指を挟んでもダメージは少ないのですが、ふた付きの木箱なんかですとお子さんが手をはさんだり怪我をすることもあるので、気をつけてくださいね。
まだ指も細いですから、挟むとすごく痛いですし、親御さんとしても安全は気になりますよね。 木製のふたがあるおもちゃばこでも、軽いものでけがをしないような重さのものであれば蓋つきはよいと思います。
木であればふたが付いていない、例えばワインの木箱に入れて素敵な布をかけるとか、そういう工夫もいいかもしれません。
今お住まいのお部屋の雰囲気に合うものもたくさんあると思いますので、探してみてください。


↑ PAGE TOP

プラレール収納 IKEA TROFAST

プラレール中期 収納家具をうまく使う

年齢は3歳前後で、そろそろ言えばわかるくらいの発達の度合いであること、プラレールの車両は10編成前後でレールはそれなりの量がある、という状況だと想定します。
さすがにこのくらいプラレールが増えると、かご一つに情景部品から車両からすべて収納することは難しいですから、かご→棚と、1ステップお片づけの段階を進めましょう。棚に収納できれば、子供が自分でやった達成感を維持しつつも、見た目もすっきり収まります。
最近では機能性が高く、おしゃれなおもちゃ収納家具がありますので、それらを上手く使ってあふれるレールや電車たちを収納しましょう。

■ ぽいぽい型から移行しやすい収納家具を上手く使う
プラレールの収納家具
ぽいぽい型で箱やバスケットに入れた玩具を「棚にしまう」と1ステップ増えるお片づけに移行しても、あまり違和感なく自分でお片付けが持続できるものを検討してはどうでしょうか。
例えばトロファスト / TROFAST(IKEA)はカラフルなBOX式収納ですが、箱→棚、という収納です。
さらにレールや車両、情景部品などと色分けして収納することもできます。

この家具の良いところはBOX式収納なのでレールや車両、情景部品、○○ちゃんの△△くんの、となどと色分けして収納することが可能な点です。ケースは自分で好きな大きさ、好きな色を組み合わせることができます。 レールは寝かしても起こしても立てても収納できるので、寝かせる場合は浅めの引き出しに入れて、箱ごと持ち出す。 使い終わったら箱に入れて、箱ごと棚に戻す、そんな使い方ができます。
ぽいぽい→箱ごと棚に、この2段階で収納が完了という形になります。

うちの子供たちは「仲間同士」で片付けるようにと言ってあるので電車は電車、レールはレール、トミカ(ミニカー)はミニカー、などと分類してどんどん放りこんでいます。遊ぶ時は箱ごとひっぱってくるので楽といえば楽です。
まだ3歳前後だと美観重視で綺麗に片づけることは難しいですので、棚に入れたら見えない収納は助かります。
仲間同士にわけて片づけることは、このくらいの年だと子供が自分でできます。
最初は仲間同士もあやふやかもしれませんのでお母さんも一緒になって赤い箱には電車、白い箱にはレール、などと誘導してあげてくださいね。

■ 電車好きなら憧れる収納棚を上手く使って、おもちゃの居場所を固定・習慣化する
最近私が一目ぼれして買ったのがこちらです。プラレールの収納場所 運転席収納
仲良しのママさんが教えてくれたのですが、親の私のほうが一目見て惚れました。 できれば本当は誰にも教えたくないくらいの素敵な棚です。
で、本当に誰にも教えなかったのですが、質がいいものはみなさんとっくにご存知なんですね。
逆に完全に乗り遅れました(笑)
ご覧の方で「なによー!もう持ってるわよ!」という方は、物を選ぶ眼がすごくいいんだと思います。 ほんとうらやましい。 これを買ったという方の話を聞いた時には正直やられた(なにを?笑)!と思いましたもの。


運転席みたいな収納棚この棚は白井産業 運転席風キャビネットプラレール収納にもお勧め 運転席風収納棚 という商品名で、組み立て式の木の棚です。
すごくしっかりした木材で結構重いです。
私はこういったものが大好きなので、衝動買いではありますが買ってよかったと思ってます。

左の画像はうちで組み立てた状態です。
所要時間は20分ほど。女性でも簡単に組み立てられますが慣れてないと大変かもしれません。パパさんに頼めれば一番ですね。

運転士の帽子を置いたのですが、それっぽいですほんと。
まず天板ですが、見た目が電車の運転席まんまです!しかもレバーはちゃんとカチカチいって、まわしている感触が楽しめます。 写真の右側にはボタンとダイヤルがあるのですが、ボタンはちゃんと押下げたら戻りますし、ダイヤルもカチカチします。
うちの子はもう4歳ですが、かなり気に入っています。これなら木だし、触ったかんじの温かみもあって、尖った所もないしすべすべですので、年齢的にはもっと早くてもいいと思います。2歳くらいで電車好きなら、ちょっとした収納だけでなく、運転手さんごっこにいいかもしれません。

棚の下は開き戸になっていて、引き手もまるくなっていて、マグネット式なので2歳くらいのお子さんでも扱いやすいと思います。
うちではプラレール関連の中でもバスケット収納でおさまらない情景部品中心で収納しようかなと考えています。
※結局バスケットがおさまったので下の棚にはバスケット、上の棚にはトレインケースを収納しています。
他に子供が自分で大事にしているものをこっそりしまっているようです。

こちらはナチュラルな運転席です。これもすっごく雰囲気がいいです。
余談ですが白井産業さんはすごくいい収納がたくさんあって、キッチンセットなんかもあったので女の子もいいかもしれません。とにかく手触りもいいし、木もすべすべ、ラインもまるくてとってもかわいいです。
家中このシリーズで揃えたい…という欲望が出てきます(笑)



まるで電車の運転席! プラレール収納左の画像は上段の棚に「プラレール 車庫に変身! トレインケース 」を入れた状態です。
わりといい感じに左右に隙間ができて取り出しやすいです。
上の隙間はうまくすれば2つ重ねて入るかな?どうかな?という程度開いています。
これはいずれ検証して写真を載せたいと思います。
今はトレインケースは立てて壁面(運転席正面)に置きたいと考えているんですけどね。

しかしこの棚、リビングでもいいと思います。
もちろん子供部屋でもいいんですけど、リビングでママが何かしている時に、となりで椅子を置いて運転ごっこもできるし、絵本を読んだりもできるし、木の材質がしっかりしているからちょっと置いてあってもさまになりそう。
子供はすっかり気に入ってしまったようで、プラレールをやりながらこの棚の前に椅子を持ってきて座って運転しています。

出発進行!プラレール収納棚肝心のお片づけですが、自分でうまく収まるようレイアウトしつつ片づけます。やっぱりモチベーションが上がるんでしょうね。
3歳前のお子さんでも大きめのバスケットにポイポイ入れるところから、上手く扉つきにシフトできると思います。
うちの子もう4歳になっちゃってますけど、これ2歳くらいの子がきゃっきゃ言って遊んでたらきっと可愛いなーと思います。
お気に入りのおもちゃ兼収納として大切に使ってくれることでしょう。
写真は椅子に座った状態で運転士さんごっこを楽しむ長男です。
適当にインバータを起動してみたり、何かを解除してみたりと楽しくやってます。

アイリスオーヤマの、キッズコンセプトカラーボックスもママさん方から評判がよいです。
(デザインはおしゃれというよりちょっと可愛めかもしれません)
アイリスオーヤマでは他にもいい商品が出ていまして、電車だけを収納するなら薄型ベッド下ボックスというのもけっこういいです。
これは後述のプラレール後期に持ち越します。

↑ PAGE TOP

 プラレール後期 管理しやすい単位で収納する

特にセットものではない場合、多くのプラレールは三輌で一編成です。
先頭の動力車、中間車両、最後尾車両、この三輌で一つのセット(編成)ですから、このまま連結させておいて収納したいですよね。
お子さんにもそう教えるほうが管理しやすくていいと思うんですよ。
3歳前後なら3までの数はなんとなくわかるから、なくしたらすぐわかるし、しまい忘れも防げます。

三輌一編成で連結した状態で並べて収納できて、箱の横から見たら蓋を開けなくても先頭車両が見える状態にしておけば、お子さん一人でも必要な車両だけ取り出すことができます。

■ 導入のタイミング
導入のタイミングとしては全部ひっくり返して取り出さずに、そろそろ先の見通し(出したらお片付けという習慣)ができて、必要なものだけを取り出せる、という取捨選択ができる発達具合だとちょうどいいでしょう。

■ 手持ちの車両が10編成を超えそう、または超えた(そして今後も増やす!)

プラスチックケースは味も素っ気もないのですが、棚やクロゼットにどーんとしまえる点と遊ぶときに箱ごと持ち出せる点は便利です。
アイリスオーヤマ 薄型ボックス UG-725 クリア/オレンジ  サイズは幅 約64cm × 奥行 約38cm × 高さ 約14cmです。
これだと箱を平置きして、縦に3輌ずつ13~14編成を並べることができます。一編成の全長が約48~50cmとしますと、このケースでは後が少し余る(15cm前後)ので、がたがたうるさければ発泡スチロールや段ボールを折って入れるか、貨物の車両やタンク車、ハッピーセットの一輌ものなど半端な車両を横にしまうなどして調整してもいいと思います。
結構量が入るので当面しのげると思います。


■ まだ10編成いかない(今後はあまり増やしたくない)
そういった場合はタカラトミーの純正プラレール収納ケースも選択肢として「あり」です。
プラレール 車庫に変身! トレインケース
立てたとき:高さ 約28.6cm × 奥行 約6.7cm × 幅 約47.5cm
(寝かしたとき: 高さ 約6.7cm × 幅 約47.5cm × 奥行 約28.6cm)
プラレール専用ですからサイズはぴったりです。さらに1つのケースの内部で一編成ごとに収納できるよう4段に区分けされています。
平置きして積み重ねることができるので、電車があまり多くないようならこれで統一してしまうのもいいですね。
例えば8編成なら2ケースあれば綺麗におさまります。

際限なく増えるのは耐えられない、という場合はこのケースを基準に「このケースにおさまらないものは誰かに譲るか処分する」というように常にこのケースに収まるように購入計画を立てるのもいいかもしれません。
ケースを立てて置けば電車を横から眺めるディスプレイにもなりますし、平置きすれば重なりますし、情景部品として連路に組みいれて遊ぶこともできます。

プラレール専用ケース左の画像はトレインケースを平置きした状態です。
「ただのプラケースじゃねーか!」ええ、確かにおっしゃる通りでございます…。
引き出し式になっていて、長い辺で4つに区切られています。
プラレール専用収納ケース
写真は引き出しだけ取り出して、立てた状態です。


プラレール収納ケースここからがただのプラケースじゃありません(笑)
左の画像でわかると思いますが、引き出しを取り出すとケース内部の底面がレール状に加工されています。
情景部品として遊ぶ時には箱を平置きすると4本のレールを並行に並べた状態になります。画像は線路とケースをつないだ状態です。
まさに情景部品になります。


プラレール収納 平置きで線路をつなぐと透明の車庫をくぐるようなイメージです。
地下鉄っぽいかんじでもあります。
(ようやく写真を撮影できました)
さすが純正とだけあって、この遊べるししまえるという収納兼情景部品は魅力的ですよね。
3両1編成単位で収納できて、子供の手でも出しやすく入れやすい設計になっていますし、プラレール専用ケースなんて…と思っていても一番機能的に収納できるケースではあります。

平置きして積み重ねると上段のレール部は橋脚と同じ高さになるので、上の箱と下の箱でそれぞれ電車が通過できますから、大きなターミナル駅のイメージで、立体的なレイアウトが楽しめてなかなか面白いです。(夢ですね、このレイアウトは)
しかし相変わらず使用感のある500系でどうもすみません…。
お片づけは自分でできるの?という点に関してはおそらく3歳以上のお子さんなら簡単にできると思います。1段に1編成、という単位がわかりやすいので自分でしまう癖をつけたいという自律行動を促すにはもってこいのツールだと思っています。
車両が増えてケースを増やした場合はJR東日本、JR西日本、などとケースを地域や路線で分けてもいいと思います。車両のラベルを貼ってもいいのですが、自分なりに整理させてもおそらくうまくやります、本人の工夫や発想を育てるためにもゆるく見守りましょう。
子供本人にとっては「車庫」なんですけどやっていることは収納ですから、子どもは車庫気分を味わいながらも収納技術を習得させると良いと思いますよ。


 プラレール後期(補足)

■ 車両や、レール、パーツごとにプラケースに収納 ハッピーセットプラレールのディスプレイ例

3歳前から導入した場合、5歳頃には全体的な量やレールの数、車両はかなりの数になっていると思います。
車両で40台とか、衣装ケース3つ分のレールとか。
まだお子さんが小さいおかあさま方にとっては驚異の数かと思いますが、たぶんこれで普通です。


しかし、このころになればすでに年齢的にはお片づけがどういうものかはわかっています。

なので、引き続き中期の方法で収納するか、電車は上記のプラレール後期にある透明ケース、レールは100円ショップのA4プラケース(レールの幅がケースの深さになっているもの)に直線レール、曲線レール、とキッチリ揃えて収納してもらうのも手です。
おそらくそうやってレールごとに収納できるお子さんなら、現状維持で多少増えても管理は大丈夫だと思います。
レールも情景部品も電車もごっちゃに、という場合はまだ難しいのでもう少し成長を待ってみましょう。

■ 子供の性格に合わせてしまい方のルールを決める
上の画像は我が家の小さめの棚に並べている様子です。子供でも並べるだけなので簡単です。
Nゲージなどの趣味がある方は直線レールに車両を乗せて、レールごと奥行きが浅い棚にしまうそうです。
ディスプレイと収納を兼ねているということですよね。
いま画像はないのですが、プラレールの車両をしまうための棚を自作されている方もいらっしゃいます。
ディスプレイも兼ねての収納というのはいいですよね。私も電車が増えてきたら自分で作ってみたいです。
電車を眺めているだけで幸せ、というお子さんには見せる収納はいいかも知れません。

問題は「うちはそこまでキッチリはしまえないだろうなあ…」という場合。(我が家もこのタイプです)
携帯ゲーム機に戦隊もの…と熱意が分散する年頃でもありますからよく相談して、決まった場所にしまうなど最低限のルールが守れない場合はご近所の小さい子に譲るとかフリマに出すなど徐々に全体の数を減らすとか、レールはレールの箱、電車は電車の箱、と決めて決まった場所に戻すまでは子供の仕事、など発達に合わせたルールを含めて管理について話し合ってみてください。

きっちりはしまえないけど電車への情熱が一向に衰えず絶対減らしたくない!、という場合は、約束事を決めるとか。
自分で管理する、来客などでお片づけの必要がある場合はすぐにお片づけする、など約束ごとを決めて、頻繁に使うものだけを出し入れしやすい場所に置き、あとは引出式の衣装ケースに入れて押入に、というように一段階奥に収納するとよいでしょう。

 車両基地で電車を休ませる=片付け

プラレールにはまったパパさん方は往々にして「プラレール用にコレクションボックスを買って壁一面に並べよう!」などとお花畑全開の夢を見がちです。(それ自体は悪くはないし、秘密基地的男のロマンでもあるとは思います)
実際オーダーメイドのシェルフを手掛けている工房などもあり、インテリアに調和したものを作ってくださるところもあります。
しかしあまり大量になれば「冗談じゃないわよ!」「せっかくのリビングが電車だらけなんて悪夢だわ!」というのが多くのママさんたちのご意見ではないでしょうか?大きくなってから、すっかり電車に興味がなくなったとしたらその棚どうするのよ…となりますよね。

だんだん大きくなってプラレール熱が冷めるのか、そのままNゲージなどにはまるのか。
冷めそうなら使い回しの利くプラケース、そのまま鉄道の道をいきそうならシェルフを特別注文、など節目や遊ぶ頻度で考えていくとよいと思います。
最近では機能性が高く、おしゃれな収納家具もたくさんあります。
これらをうまく使い、「プラレールの車庫」、「車両基地」を作ってしまえば、電車好きでプラレールを大切にしたいお子さんであればそれなりに収まるように工夫もすることでしょう。

もし電車のイベントなどで車両基地に行くことがあればぜひ見せてあげてください。
電車の運行には始発があって終電がありますから「出しっぱなしはおかしい」、「トーマスだって夜はティドマス機関庫で休んでる」といって必ず片づけるということを習慣づけてしまいましょう。
初めからお片付けまでをセットにしてしまうことで「プラレール最大の問題」はお子さんが自分で解決してくれることと思います。
終わりを決めることは教育上も非常に重要だという話もありますので(ゆくゆくは知育のページで紹介します)、おかあさん方は色々大変だとは思うのですが、一緒にがんばっていきましょう。

↑ PAGE TOP

収納の基本 プラレールのサイズ

 見せる収納か、見せない収納か、それが問題だ

すみません、またも大仰なサブタイトルつけてみました。
基本的にこのサイト「おかあさんのためのプラレール講座」では子供が自分で考えて遊び、自分で考えて行動することを目的にしていますので、収納棚にはガラスが入っているなどのデリケートで、万一の際にけがをするような収納家具はあまりお勧めできません。

見せる収納ですと、素敵なオープンシェルフにいくつか電車を並べても素敵だと思います。
オープンシェルフのいいところは、ぱっとつかんでぱっと使えることですが、3歳前後だとまだレールに電車を乗せることはできても、それを棚に飾るところまで一人でやり遂げるのは少し難しいでしょう。
プラレール後期の項に画像がありますが、我が家はマクドナルドのハッピーセットでもらった単独で動力なしのプラレールだけは棚に飾っていて(モーターや電池が入っていないので軽いのです)、ときどき接続して遊びます。
見て楽しむというのはそんな程度で、「子供が自分で片づけ、自分で遊ぶ」という目的ですと、やはり我が家では少し先になりそうです。

下記はおもなレールのサイズを記載しています。棚や収納ケースを選ぶ際、参考にしてみてください。
床に敷いた時の高さ、幅、長さ、気温20度の条件で計測しました。
一般的な定規を使い、迷った時は大きめの数字を記載しています。
およそのサイズになりますので多少の誤差がありますが何卒ご了承願います。

  

プラレールの各サイズ
レール幅と高さ(各共通) 線路幅:約3.8cm 線路の高さ:約1cm
R-01 直線レール 長さ:約21.6cm プラレールでは長さの基準とされるレールです。
R-02 1/2直線レール 長さ:約10.8cm R-01直線レールの約半分の長さです。
R-20 1/4直線レール 長さ:下の写真をご覧ください。R-01直線レールの4分の1の長さです。
R-07 2倍直線レール 長さ:約43.2cm R-01直線レールの二倍の長さです。
  

■ R-20 1/4直線レール
各レールの長さ: レール名称は左からA(緑)、B(黄色)、C(赤)とします。
※A、B、Cの呼び方については「プラレール わくわくプレイブック」を参照してください。

左から A(緑):約6.3cm B(黄色):約5.4cm C(赤):約7.2cm


■ R-03 曲線レール

曲線レールは一番横長の部分(赤矢印)が約9cm、縦方向に一番長い部分(黄色矢印)が約5.3cmです。


↑ PAGE TOP


プラレールの問題2 お手入れの道具を用意して解決

 自分でお手入れするようにお子さんの道具をつくる

お手入れ道具といっても、高価で特別なものを用意する必要はありません。
携帯電話でもカードでも財布でも、なんでも「本物志向」の子供たちです

手頃なかごに布、簡単なお掃除ができるブラシを入れてあげて「プラレール専用」にします。
もしくは「○○くん専用」でもよいです。
お片付けのとき、時間があればそんなに汚れていなくても車両の「お手入れ」をしてあげます。
それだけで喜んでやりますし、自分で出してきて自分でお手入れするようになります。
ものを大切にする気持ちを育てることができます。
(知り合いの美術館学芸員さんに聞いたら「親が自分が大好きなものを大切に扱っている姿を見せることだ」とおっしゃっていました。愛する物を大切にする、という姿はまず親からということでした。頑張ります。)

我が家ではプラレールだけでなく、バスやレスキューセットなどのトミカなどもこれで自発的にお手入れするようになりました。
少しやり方を教えてあげると自分の靴や服、カバンなどもやるようになったので助かります。
もちろん細部は親が定期的に整えますが、自分でやるように習慣づいてよかったと思っています。

↑ PAGE TOP


本格的にきれいにするには

 お子さんと一緒に大掃除としてやりましょう

だいぶ薄汚れてきたな…と思ったら一度本格的?に、一気にばばっとやりましょう!
自分も大掃除をするのだ、と意識を持ってもらうためにも、忙しいとは思いますが12月初めごろに「大掃除」として時間を作るとよいと思います。
量が多い場合は初日は一緒にやってやり方を教え、二日目からは自分でやるようにして大人が手伝うのは最小限にしましょう。
飽きたら終わり、でもよいですが、「今日は電車3つとレール10本」などとしてもよいと思います。

■ 電車
電池を外しパソコン用のエアダスターで、電池ボックスや車軸などほこりがたまるところを、しゅしゅっとやって埃をとりましょう。
車軸に繊維や糸が絡んでいる場合には竹串などでほぐしながらとってやります。
窓などは綿棒などでとりましょう。乾いた布で全体を軽く拭いておしまいです。

※特に車軸のあたりは髪や糸を巻きこんで回転数が低下し、スピードもパワーも出なくなるので、ここだけはふだんからまめにやることをお勧めします。

情景部品
電車と同様にお手入れしましょう。シールが付いている情景部品は水で濡らした布をかたく絞って軽くふきましょう。

レール
上記に数日かけるようなことが書いてありますが、あくまでもそれは子供に対してです。
実際はまとめてやっちゃったほうが早いです。
衣装ケースのような大きめのプラケース(レールが入るだけ、もしくは数回くらいで済むような大きさ)にぬるま湯、中性洗剤(少し)を溶かしてレールを入れてしばらくおくだけ。
ある程度汚れが取れたら引き上げて、シャワーですすぎ、軽く布で水気を取って新聞紙を敷いて干しておくときれいになります。
※情景部品などシールが貼られたものにはやらないでください。

この作業を事前にしておいてから、お子さんに手入れさせるのも良いです。
うちは数本だけ本人にきれいにしてもらい、あとはこの方法であらかた汚れを落としたあと手入れしてもらってます。
発達の状況を見て、だんだん自分で手入れする量を増やすのは良い作戦です。
園で整理整頓や掃除が定着すると本人なりに工夫しますので「園ではどうやってるの?見せて~」といって本人にやってもらいましょう。

4歳もすぎるとだいたいは自分でもできるようになります。プラレールを買い足すときに「あなたは自分でお手入れしているから買ってもいいよ」となると本人もうれしいようです。

↑ PAGE TOP


自分でやりたい気持ちを育てる

 子供に任せてあとは見守る

子供はプラレール大好きだからこそ、特にお片づけ、お手入れ、という面で動機づけしやすくて、モチベーションも維持しやすい。
だから「片付けが面倒」、「静電気でほこりがくっついて汚れる」この2点を子供に、自分で解消させたいと考えました。

簡単にいえば「遊んだら必ず片付ける」をセットにしやすいおもちゃです。
大事な車両だからこそ、長くお付き合いするために子供本人が手入れするように習慣づける。
自分で出して、自分でお片付けの練習も一緒に始められる良い機会と考えました。

そんなわけで我が家はプラレールで動機付けして、ほかのおもちゃのお片付けも、お手入れも自分でするんだよ、と教えました。
そのおかげかどうか、私が御飯の支度を始めると何も言わなくてもプラレールのお片づけをするし、たまにバスや車の手入れも自分でしていて助かっています。

なかなか難しい話ですが全部自分でやった!という達成感と成功体験を積み上げることで自律性を養えれば最高と考えています。
家庭を預かるおかあさんという立場ではお片付けを毎回教えることはなかなかしんどいですが、片付けができない、自分で自分のものが管理できない大人って、けっこう周りにいませんか?
たとえば、いつでも「アレ知らない?」、「爪切りどこ行った?」と毎回のように人に聞いているような大人になる恐怖(あれ?うちの夫のこと?)を思えば、なんでも自分で管理できる方がずっといいですよね。

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system